あいてを対等だと考えるからこそ正面から批判するのだ、ということ。


 敷居さん(id:sikii_j)からご批判をいただいた。ふだんはトラックバックの類は一般に無視するのだけれど(対応しきれないから)、他ならぬ敷居さんのいうことである。可能な限り誠実に反応させてもらおう。

 スカイプ辺りで話しかけて話し合ってもいいのだが、こういうものは公開した方がおもしろいし、フェアだろうという判断で、以下、ぼくなりの反論を書かせていただく。

言いすぎでしょ。

いったいこの6行のどこにここまで断言できる要素が? 孤独も見たしコミュニケーションの齟齬も見たけど、それでも彼にはあの映画がそう見えちゃったのかもしんないじゃん。

 なるほど、たしかにその箇所の表現は過剰だっただろう。その点は反省し、お詫びする。

 ただ、ぼくもまた、「彼にはあの映画がそう見えちゃった」のだろう、とは思っていて、その上で、それは映画の半分の見逃しているに等しいといっているのである。

 仮に、ぼくが何かの映画を見、その見方をネットに発表して、批判を受けたとする。そのとき、「ぼくにはそう見えちゃったんだからしかたないじゃないか!」といえば、批判者は納得してくれるだろうか。そうは思えない。

 たしかに「どう見えちゃったか」は個人の内面の問題である。しかし、その見え方を文章にしてネットに発表した時点で、それに対する責任は発生するはずだ。したがって、過剰な言い草であったことは認めるが、批判そのものが不当であったとは思わない。

 次に、敷居さんが用いる「弱い者いじめ」という言葉にはつよい抵抗がある、と述べておこう。そもそも、批判という行為は、あいての論旨に欠陥がある、と思ったからこそ行うものである。ちょうど敷居さんがぼくの論旨に欠陥を見つけてそこを指摘しているように。

 その意味で、すべての批判は、「いじめ」の要素を含むことになる。しかし、それでもなお、いや、そうであるからこそ、「いじめ」ではない正当な批判、フェアな批判というものはありえるはずだ。そう簡単にある批判を「いじめ」と呼ぶことはできないだろう。

 そこで問うのだが、ぼくは今回、何か正当でない行為、フェアでない行為を犯しただろうか。敷居さんはぼくの行為を「かっこ悪い」と批判する。ぼくはいう。そうは思わない、と。なぜなら、アンフェアな行為をした覚えがないからである。

 ぼくはいつもどおり、公開された場所で、自分の立場をあきらかにした上で、個人の意見として、発言している。mixiあたりでひとの陰口を叩いたわけではないし、何一つ卑怯な真似をしたつもりはない。したがって、自分が「いじめ」をしたとは、ぼくは思わない。

 いや、そういう問題ではない、といわれるかもしれない。あきらかに「弱い」意見を攻撃して「フルボッコ」にしたことが問題なのであって、フェアだとかアンフェアだとかの問題ではないのだ、と。しかし、この「弱い」という概念がぼくにはよくわからない。

 なるほど、「弱い者いじめ」は「かっこ悪い」だろう。しかし、そもそも、その「強い」とか「弱い」とかはどうやって判断するのだろうか? だれにでも簡単に判断がつくではないか、といわれるかもしれないが、ぼくにはわからない。

 ぼくはいままで自分が「強い」と思ったことなどない。ぼくだって、批判されれば痛いし、見当はずれの意見をもらうと傷つくのである。それでもなお、批判を封殺してはいけない、と考えるからこそ、「いじめ」などという言葉は使わないのだ。

 いや、そうはいっても、お前は大手サイト管理人なのだから力があるのだ、だからひとを批判するときは慎重にならなければならないはずだ、という人もあるかもしれない。

 しかし、ぼくのサイトの読者は、べつにぼくの味方と限ったわけではない。ぼくが何か失言を犯したときなどは、集中砲火といいたいような、膨大な量の批判が集まることはご存知の通りである。そして、ぼくだって集中砲火されて全く平気なわけではない。

 それでも、敷居さんは、ぼくの意見は「強い」のだから、何か「弱い」意見を批判したら、それは「いじめ」になる、「かっこ悪い」行為だ、というのだろうか。

 ぼくにはそこまで自分が「強い」という自覚はないから、「弱い者いじめをやめろ」といわれても、ただ困惑するばかりである。

 敷居さんは当然、ご自分のぼくに対する批判は「いじめ」にはあたらない、と考えておられるのだろう。しかし、ぼくの批判は「いじめ」だと仰る。その線引きはどうなっているのだろう。皮肉ではなく、ふしぎに思う。

 くり返す。ぼくが誰かに対して行った批判にロジカルな誤りがあったとすれば、その点は指摘されても仕方ない、と考えている。しかし、「批判することそのもの」が良くない、という意見は受け容れられない。

 ぼくは何か失敗したときでも(じっさい、よく失敗するのだ)、自分の意見は「弱い」のだから批判しないでくれ、などと逃げるつもりはない。そしてまた、だれかの意見が「弱い」から、批判の手を緩めよう、とも考えない。

 ぼくにとっても、「かっこよくあること」は重要なことである。しかし、ぼくは今回、特別、「かっこ悪いこと」をしたつもりはない。敷居さんがそう思われるなら非常にざんねんではあるが、価値観が違うというしかないだろう。

 ぼくは、あいてを対等だと考えるからこそ批判するのである。ぼくには、発言の内容を批判することよりも、あたりまえのように「弱い」とか「しょぼい」とかいって、批判するに値しない意見だと看做すことのほうが、よほどあいてに対して侮辱的な扱いをしたことになるように思える。

 以上、異論、反論、お待ちしています。