萌えは差別か暴力か。


 id:koisuru_otoutoさんの記事が非常におもしろいので、それを枕に思考を進めてみようと思います。異論、反論、ツッコミなどありましたらいつものようによろしく。

 さて、id:koisuru_otoutoさんの記事の骨子は、男性オタクによるいわゆる「腐女子萌え」や、その腐女子による「やおい萌え」は、一種の暴力にあたる、というものです。少々長くなりますが、その部分を引用させてもらいましょう。

同性に性的指向を持つ女性が同性に恋をしている(またはパートナーがいる)場合、そこにはその人自身の主体(自我)があるはず。

それと同じで、やおいを好む女性がやおいを愉しむこともまた、そこにその人自身の主体があるはずなんです。

それなのにその主体性を無視して、自分に都合のいいようにレッテルを貼る。

そして、思うさまコケにして「萌え」のルールで遊び倒す。その様を堂々と見せつける。

それって暴力っていうんじゃないんですかね。

 ぶっちゃけると、多くのやおいスキーが原作者や一般ファンに負い目を感じているのは「同性愛をイメージしたもの」だからであり、

自分が申し訳ないというよりは「ホモですんませんw」なんですね。私の知っている限りかもしれませんが、本当にこうやって自虐のふりをして同性愛差別を助長する人が多いです(もちろん私もでした・・・すみません)。

これはいつか別の機会に語るかもしれませんが、申し訳ないというよりも叩かれるのが怖いんだとおもいます。だから自分よりも少数者をスケープゴートにするのだと思います。

要するに差別内差別の構造ですね。

 男性による「萌え」は暴力である、という見解は目新しいものではありませんが、並行して、腐女子による「萌え」もまた同性愛者への暴力にあたるとしている点が興味深い。

 ぼくとしては、おおむね納得がいく意見です。「暴力」や「侵略」という表現が適切か否かについては異論の余地があるにしろ、「萌え」的な表現がときにひとを傷つけるものであることは事実でしょう。そして、必ずしも当事者が加害の自覚を抱いていないことも。

 しかし、この記事に対してはこういう異論があります。

勝手なレッテルを貼る人々に怒りを感じるのは分かりますが、「勝手なレッテルを貼る人々」と一括りにして、オタクを論じる事も、勝手なレッテルを張る行為ではありませんか?

「傷付いた」と主張されて、傷付く人も居ます。

結局、主張や表現は常に誰かを傷つける可能性を秘めています。

極端に言えば、表現とは暴力です。

けれど、それで、あまりにも傷つけることに神経質になってしまったら、何も表現できません。

自分が以前書いた上記のエントリのコメント欄でも、「多少の傷つきくらいはお互い大目に見る社会」「誰かを傷つけているという罪の意識をそれぞれが過剰に感じない世の中」という言葉が出てきていますが、そうやって互いの表現を受け止めることに余裕のある世の中が表現には必要だと、今でも自分は思っています。

 この理屈はどの程度正しいといえるでしょうか。ぼくの意見は「前半には賛成、後半には反対」というところです。

 「結局、主張や表現は常に誰かを傷つける可能性を秘めています。極端に言えば、表現とは暴力です」という一点において、ぼくは、id:godfreyさんに賛成します。

 ある表現がだれをどう傷つけるかだれにもわからない以上、あらゆる表現は、程度の差はあれ暴力だといえるでしょう。

 しかし、だからといって、ぼくは「多少の傷つきくらいはお互い大目に見る社会」が望ましい、とは思わない。それは畢竟、加害者の論理なのではないでしょうか。

 もし現代があらゆるひとが互いに同じだけ傷つけあっているような社会なら、この理屈は通るかもしれない。

 しかし、現実にはより加害的な立場のひとと、より被害的な立場のひとが存在する以上、「お互い様なのだから、お互いに大目に見あおう」というわけには行きません。

 その理屈はたしかに加害者を慰撫するかもしれませんが、その一方で被害者をよりいっそう追い詰める結果になりかねない。

 ただ、だからといって「すべての表現が暴力である以上、すべての表現者がその表現に対し罪悪感を抱くべきである」という考え方もあきらかに過剰です。

 ぼくは、その「暴力」の中身こそが詳細に検討されるべきだと思う。

 ここまで「暴力」という言葉を多用してきましたが、この言葉を必ずしも悪い意味で使っていないことに注意してください。過激に暴力的でありながら優れた表現というものは存在します。

 たとえば、ホラー映画では、観客にショックを与える目的で酸鼻な表現が使用されます。それは見る者の神経を揺さぶるという意味で、きわめて暴力的な表現だといえるでしょう。

 しかし、あたりまえのことですが、だからといってそのような表現が悪質だということにはなりません(そういうふうに考えるひともいるけれど、ぼくはそうは思わない)。

 結局、ある表現が暴力的であるということと、悪質であったり差別的であるということは別のことなのです。

 それでは、「腐女子萌え」なり「やおい萌え」は悪質で差別的な表現だといえるでしょうか。個人的には、それは一律に語ることではなく、個々の作品において語るべきことだと思います。

 ぼくは、必ずしもすべての「萌え」作品の「暴力」が悪質なものだとは思っていません。

 たしかに、「腐女子萌え」や「やおい萌え」の作品は、その対象に対し「自分に都合のいいようにレッテル」を貼っているでしょう。そしてその上で「「萌え」のルールで遊び倒」しているでしょう。良くも悪くも「萌え」とはそういうものです。

 しかし、ある現実に対し何かしらの「レッテル」を貼ることが、必ずしも悪質であるとは限りません。

 幼年向けの他愛ない恋愛漫画でも思い浮かべてください。そういう作品ではしばしば現実は極度に美化されます。つまり、現実に対し「都合のいいレッテル」を貼っているわけですが、あきらかに差別的でもなければ、悪質でもないものが多いと思います。

 同様に、「腐女子萌え」や「やおい萌え」の作品でも悪質でもなければ差別的でもない作品が存在するはずです。仮に現在は存在しないとしても、理論的には存在しえる。

 そういう作品は、必ずしも腐女子なり同性愛者なりに嫌悪感を抱かせないでしょう。

 ぼくは「腐女子萌え」の作品をほとんど読んだことがありませんが、すべての腐女子がそういうジャンルを嫌悪しているわけではないと思います。作品によっては、けっこう楽しく読んでいるひともいるはずです。

となりの801ちゃん (Next comics)

となりの801ちゃん (Next comics)

はっぴー腐女子

はっぴー腐女子

 同様に、BL作品の読者には相当数の同性愛者が混ざっているらしい。こういう事実は、公正で質の高い「萌え」ファンタジィは、必ずしも当事者に嫌悪を抱かせないことを証明してはいないでしょうか。

 いや、そうではない、そもそもある現実に対し都合のいいファンタジィを押しつけることそのものが不快なのだ、という意見もあるでしょう。

 しかし、そういうひとは、自分がなぜそのファンタジィに対して嫌悪を抱くのか、あらためて考えてみるべきではないでしょうか。

 その対象に対する偏見に満ちた、悪意あるファンタジィを嫌悪するということならわかる。しかし、ごく公正で好意的なファンタジィをも嫌悪するとしたら、それはその当事者自身に何らかの原因があるのでは。

 たとえば、海外で書かれた日本人が主役の小説を読んでいると考えてみてください。その人物がいかにも日本人への偏見に満ちた小憎たらしい奴だったとしたら、ぼくらは怒るでしょう。

 しかし、非現実的ながらすこぶる魅力的なヒーローだったとしたらどうでしょう。その場合でも、「現実ばなれしている」「本物の日本人はこうではない」と怒るでしょうか。いや、その必要はないはずです。

 つまり、非現実的なファンタジィが必ずしも対象層を傷つけたり怒らせたりするわけではないのです。

 したがって、男性であれ、女性であれ、必ずしもファンタジィを書くものがその対象に罪悪感を抱く必要があるとは思いません。

 身も蓋もないいい方をするなら、腐女子が同性愛者に対し深い罪悪感を抱いたところで、かれらが救われるわけでもないでしょう。

 ただし、自分が書いているものがファンタジィであること、そして一歩間違えば対象をひどく傷つけることの自覚は必要だと思う。

 その上でなら、ファンタジィを書くことは悪いことではありません。優れたファンタジィはひとの心を癒やし、その魂を救う。高等な文学ではないかもしれませんが、それ以上に必要とされているものです。どんどん書いていただきたい*1

 と、思うのですが、我ながら何か甘い結論のような気がするなあ。万全の自信はない。

 ツッコミよろ。

*1:ゾーニングの問題はまた別の話。