『学校を出よう!』をAmazon1位にするにはどうすればよいか。

 谷川流さんの作品に電撃文庫の「学校を出よう!」というシリーズがあります。残念なことに同じ作者の「涼宮ハルヒ」シリーズと部数で比較すると恐らく1/50以下しか売れていないと思います。元々「ハルヒ」に水をあけられかけていたのに、「ハルヒ」のヒットで知名度に致命的な差がついてしまいました。ライトノベルって作者買いする人、少ないんですよね。

 しかしあまり知られてはいないものの、この「学校を出よう!」、実際に読んだ人の間では「ハルヒ」と同じくらい高く評価されている(と思う)作品でもあります。

 そして今が、この「学校を出よう!」を人様に薦めるチャンスかな、と思っています。それはなぜかと申しますと、まずは次に挙げる「涼宮ハルヒの分裂」の感想を読んでくださいませ。
 

 なるほど。

 いったいこの問題を解決するにはどうすればいいんだろう……(沈思黙考)……わかった! 『学校を出よう!』にも長門を出せばいいんだよ! どうせたくさんパラレルワールドが出てくるんだから、そのひとつに長門のいる世界があってもおかしくない。

 ついでに、『絶望系』の続編を書いて、長門のエロを盛り込めばそれもベストセラー間違いなし。いやあ、自分のビジネスセンスが恐ろしい。これからのライトノベルはこの方向性だな。